TomoKOchi

Tomoko's website

カナダより

Filed under: 未分類 — tomochan at 5:09 pm on Wednesday, October 13, 2010

9月末から10月にかけてカナダのバンフに行ってきました。カルガリーから車で1時間半ぐらいのところです。きっかけは、ご老体の父上が前から行きたいと言っていたのですが、前に誘った時はそんな気分ではないと却下され、今回は私のお友達に「カナダに行くんだ〜」ともらしていたようで(なんだよ、お父さん行きたいのねと思いました)。。。体調も今後は衰えるであろうことを想定して行ってきました。

カナダはもう秋ですからね〜かなり、寒いのを想定して防寒の格好をしていったのですが、温暖化の影響でしょうか、思ったより暖かかったです。それでも、朝ははく息は白かったですが(汗)でも、日中は15度ぐらいまであってよかったですよ。沢山写真はあるのですが、適当に今回アップしますね。

みてください。白樺が奇麗でしょう。これ、RAWで撮影しましたがなにも修正してないんですよ。本当にこのような青い空なんですよ。わたし、白樺の木大好きです。この木をみるとほっとします。後ろに写っている山がソーバックと言って、チェーンソーで山を切ったようにそりだしていることからこの名前がついたそうです。この写真だとわかりにくいですが。父は、「本当に自然とこのような山を真っ二つに切ったようになったのかな??だれかがわざとやったのではないのか〜」と、とんちんかんな事を言っていました。

もう一週間早かったら、もっと紅葉が奇麗だったような気がします。ま、十分奇麗なのですが。。今回は頑張って風景撮影しましたよ〜主人も父も絵心のある人なので、私が撮った写真に駄目だしをするのです。ま〜たしかにへたっぴですが。。ふん、いいのです。適当に気がむくままにシャッターをきりましたよ。でも、たしかに彼らの撮る写真はきちんと構成がされているような気がします。ちなみに、このすぐ上の写真は父が撮りました。なにげにうまいかも。。

バンフって湖がたくさんあるところです。この写真はペイトーレイクです。いや〜本当に青いです。ここで、滋賀県のおばちゃんたちのツアーが来て、すごい勢いでおしゃべりしていたので、びっくりしました。元気だな〜

私の一番のお気に入りはモレーンレイクです。ここは、昔のカナダ20ドル紙幣になっていたそうです。人もあまりいなくてよかったです。

これは、エメラルドレイクです。本当に湖がエメラルド色でした。いや〜だれもいなくてよかった。ボートに乗りましたが、貸し切り状態です。夏はたぶんもっと混雑しているのでしょうね。

父が一番楽しみにしていた、コロンビア氷河です。なんと、350メートルの氷の厚さだそうです。その上に立ちましたよ。父は私達を喜ばせようと演技していたと言っていましたが、子供のようにはしゃいでいました。実は私達は最初この氷河がプランに入れてなかったのです。だって、雪はアメリカで死ぬほどみたので。。。でも、たしかに日本ではみれないのでここに来てよかったです。川にまだ流れ落ちていないので水を飲むこともできましたよ。いや〜おいしかった。

それから、父が楽しみにしていた事の一つに山登りがありました。ま、そんな本格的な登山ではなくトレッキングといったところでしょうか。実は、カルガリーには私が高校生の時に会った友達が住んでいるのです。20年ちかくぶりに再会しました。いや〜白髪のおじさんになっていてびっくりしました。ま、私も長い黒髪の女の子ではなくて、おばさんになっているのでお互い様ですが。。彼とも日程がうまくかさなり、トレッキングを一緒に行いました。ちびっころを連れて山を登りましたよ。片道2時間半ぐらいのものです。でも、体力に自信がなかったので、旅行の3週間ぐらい前から毎日歩き込みました。たぶん、これをしていなかったらちょっと厳しいトレッキングでした。標高も高いので酸欠になることを心配していたのですが、大丈夫でした。熊が出てくるかもしれないことの方が心配でした。でも、4人以上いたので一応大丈夫でしたよ。ここは、から松がみれるところです。10ピークの山も見る事ができてよかったです。逆光でなかなかいい写真が撮れませんでした。ま、いいや。

一応、観光のメッカ、レイクルイーズにも行ってきました。人がたくさんいて興ざめしてしまいました。でも、奇麗でしたよ。もっと、湖も奥の方まで歩いたならよかったのかもしれませんが、時間がなくてさっさと退散しました。
10日間も父と朝から晩まで一緒で途中で息苦しくなりましたが、父が喜んでくれてよかったです。たぶん、彼も我慢していたところがあったと思います。でも、食事も文句いわず沢山食べていましたよ。あ〜よかった。

カナダにはまた行きたいな〜

こんなに空が青くて道も一本道なのです。なんと、父ははじめて、右側運転しましたよ。最初は怖いと言っていました。特に対向車がくると左に車が通るのがおそろし〜と言っていました。でも、制限速度90キロなのに、140キロもスピードをだしていたのはどなたですか???後ろにひやひやしながからみていましたよ。あ〜無事に帰ってくれてよかった〜

実は、父は男性にしては珍しく骨粗鬆症なのです。だから、昔から山が好きでかなり健脚なのですが、腰が痛かったりこの前もなにもしてないのに肋骨の骨が折れたりとかなり心配でした。カナダでもコルセットをして山に登っていましたよ。一応、ドクターのお許しはあったのですが。。親には元気でいてもらいたいものです。ちゃんちゃん。。。